読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あかぎれが痛い

ほぼメモです。

iPhoneの通信容量を食ってる犯人を探した

iPhone

mineoデビューしてから1年経ちました。

ちなみにマイネ王はほとんど使ってません(なんか怖くて

 

ただ、アイデアラボ(12/2からはアイデアファームに名前が変わるみたいですね)に投稿した「日次のデータ消費量を確認したい」 の中でアイデア出しした「低速モードと高速モード別の通信量の確認」が12月から実装されるようです。フットワークの軽さにはほんと感謝ですね。チップもお待ちしてます。

 

さて、自慢もほどほどにして、今日はMVNOにありがちな問題であるデータ通信量の節約について書きたいと思います。

 

 

mineoに乗り換える以前から、どうも通信量が他のiPhoneユーザーと比べて多ようだと気づいていました。

 

「設定→モバイルデータ通信」から、統計情報がリセットされてからの期間でどれだけ通信したのかを確認できますが、当時1番データを消費していたのは「ingress」だったと記憶してます。

ingressはいろいろあり今年の夏前に辞めてしまったので正しい比較は出来ませんが、ここ数ヶ月の通信量はだいたい200~300MB/日で、当時もそんなもんだったと思います。

ただ、ツイ廃の友人(名前は伏せますが)から聞くと、毎月の通信量は3GB行かないと言われ、やっぱり何かがおかしいんだろうな…と思いながらも騙し騙し使っていました。

 

まぁそれぐらい使ったところで土日はWiFi環境下にいるか、バイクに乗っていたので通信もほとんどしないので、ここ1年はなんとかなってました。どうしても足りなくなったらマイネ王のフリータンクがありましたしね。

 

しかしここ2ヶ月は土日も外を出歩くことが多く、ケータイで調べごとをしながら移動していたので消費が進み、毎月2GB繰り越せていたものが今月で底をついてしまいました。まぁ低速モードになっても最低限のネットは使えるので全く困らないのですが、いい機会でしたので、なんのアプリがデータ通信をしているのかをいろいろ精査しました。

 

その結果と対策を記します。

1.Tweetbot

桁違いに通信していました…Tweetbotで思い当たるとしたら、画像のサムネです。これは設定から非表示にしたところ、当たり前ながら通信容量は減りました。ただ、電車でTwitterの画像リンク開いたらエロ画像だったり動画だったりしたらちょっと困るのでなんとかしたいですね

 

2.Safari

こればかりはなんとも…1Blockerを使って広告を非表示にしているのですが、やっぱり重たいです。回覧するサイトによっても状況は異なるでしょうし、対策のしようがないので放置です。

 

3.駅メモ

どうにもならないので放置です(適当すぎ)

 

4.時間と場所(システムサービス)

これが一番以外でした。何がGPSを掴んでいるのかを調べたところ、以下のアプリが該当してそうです。

  • Moves
  • My Rader
  • Google Maps
  • 防災速報(Yahoo!
  • HomeKit(システムサービス)
  • モーションの調整と距離(システムサービス)
  • 位置情報に基づくApple Ads(システムサービス)
  • 位置情報に基づく検索候補(システムサービス)
  • 位置情報に基づく通知(システムサービス)
  • この近くで人気(システムサービス)
  • 経路と交通情報(システムサービス)
  • 診断/使用状況(システムサービス)

ほとんどシステムサービスやんけ…

HomeKitとか崇高な機能は使っていませんし、位置情報に基づく広告出されたところでうざったいだけなので、システムサービス系では「モーションの調整と距離」をのぞいで全部の位置情報サービスを無効化しました。

 

これでも時間と場所の容量食いは止まらなかったので、まずはアプリを立ち上げていないときにGPS捕まえておく必要がなさそうなMyRaderの位置情報サービスは利用中のみ許可に変更しました。

 

やはりこれでも容量は食われ続けました。こうなると、位置を常にトラッキングするMovesが一番怪しいです。ということで、トラッキングをオフにしたところ、容量消費は止まりました。モーションチップを使っていても通信してるんですね。(よく考えればアシストGPS使ってれば当たり前か)

 

使ってないアプリのGPSをオフにするとバッテリーの持ちが良くなるっていう話は随分前からありましたが、どうやら通信容量の削減にも寄与してくれるみたいです。

 

それと、すごく意外だったのはInstagramがあまり容量を消費していないということでした。Twitterの画像は重たい画像だろうと軽い画像だろうと投稿できますが、Instagramはアップロードすると統一のサイズに圧縮されますし、思っているより容量の消費はしないのかもしれませんね。もちろん動画になると話は別でしょう。