あかぎれが痛い

ついでにお腹も痛い。

Rails Girls にコーチとして参加した時に心がけたこと

このエントリは、Rails Girls Japan Advent Calendar 2018 20日目です。

まだ枠が空いていたのでねじ込ませていただきました…w

qiita.com

こんにちは。

2018年11月3日に開催した、Rails Girls Sendai 1stにコーチとして参加してきました。

railsgirls.com

イベントの様子については主催であるあのぶるさんのエントリをご覧いただくとして、こちらではコーチする上で心がけたことを振り返りつつつらつら書こうと思います。

blog.innotamago.com

予習

Okuraさんのアドベントカレンダーにもある通り、学習内容はGitHubで公開されています。なので、参加者と同じような気持ちで予習しました。herokuへのデプロイまでであれば1時間程度で進められました。

qiita.com

コーチに立候補しておきながら弱音を吐かせてもらうと、実は、Railsの実務経験が1年未満だったので、不安から始めた予習だったのですが、結果的には、難なく説明できるレベルまで持っていけました。素晴らしいドキュメントを用意いただいているスタッフと、スラスラと理解できる素晴らしいフレームワークに感謝です。 (一応MVCフレームワーク自体の経験はもっと長いです、念の為w)

初心に帰る

これはイベント前に実施したコーチMTGでEmoriさんとShimojuさんから話があったのですが「初歩的な質問がくる」という助言がありましたので、MVCとは?とか、Git・GitHubとの違いは(そもそもなに)?みたいな質問が来たら答えらえるようにしておきました。

これは当たり前といえば当たり前で、非エンジニア向けワークショップ付ITイベント全般に言えるToDoだと思います。ちなみに想定外だった質問としては、HTMLとCSSについて質問されました。(ドキュメントとスタイルを分ける理由を聞かれた時は感動しましたw)

補足

こういうことを書くと勘違いされそうなので、Rails Girlsに参加しようか迷っている方向けにもフォローさせてください。基礎的な質問は大歓迎です!むしろ「わからないけど恥ずかしいから様子を見よう…」よりは100倍良いです!!どんどん質問して、コーチを困らせてください。人に説明することがコーチ側の学習機会であり、コーチとしてRails Girlsに参加するインセンティブになっていますので(たぶん)、むしろその機会をどんどん与えてほしいです。

困った時は「おまじない」

丁寧に説明する努力を惜しみませんでしたが、それでも説明できないことはどうしてもありまして…例えば、Windows向けの手順に、sedを使った工程があります。「sedについて突っ込んだ質問が来たらどうやって説明したらいいんだ…」と、コーチ陣がざわめいたのを覚えています。結局sedについての質問はなかったようですが、どうしても説明しにくくて、Railsとは直接的に関係のない部分については おまじない として説明しました(自己弁護)。

同じ質問を受け入れる

Rails未経験だけどRubyはやったことがある、という人の方が少数派だと想いますし、全くの未経験の方であれば、そもそもターミナルの使い方から始まります。今日初めてターミナルを触った人に対して、Railsを触ってもらうためには、おまじないなどを使ってある程度までは押し進まないといけません。なので、当たり前のようについさっき実行したコマンドの意味がわからないということが発生します。とはいえ、今からやってもらう操作についてなるべく説明したほうがよいと考えていたので、推し進めながらも説明はします。なので、再度同じ操作をする際(例えばgitでcommitとかpushするとかです)に、「これって何のためにやってるんでしたっけ?」という質問が飛んでくんですが、これはもう当たり前に発生するので、再度同じ説明をすると「さっき同じこと説明していましたね・・・」と無事思い出してもらえました。

私は反復学習こそが最も効果的な学習方法だと思っているので、同じ質問を投げかけられても、知識を飲み込んでいる最中なのだと理解し、暖かく見守りました。

図解

込み入ったことは言葉で伝えるよりも卓上ホワイトボードを使って説明するように意識しました。これは、みんなのウェディングの松久さんのアドカレでも言及されていますね。

note.mu

対等であることを常に意識する

最も大事なことだと思います。そもそもコーチだから偉いみたいなことはないです。

まとめ

振り返ると

心がけた事自体は、ここに書いてあることとほぼ同じだったりします。

コーチとして参加して得られた知見

当時は一般的な会社で言うところのチームリーダーポジションで仕事をさせてもらっていたのですが、新規メンバーのジョイン直後ということもあり体力的にも精神的にも難がある時期でした。そんな時に、非エンジニアの人と会話ができたことで、新規メンバーへのレクチャーに対して非常に大きなフィードバックを得ることができました。参加して本当に良かったなと思っています。

Rails Girlsに参加しようか迷っている方へ

東京では未経験者もある程度訪れたと伺っていたので、私としては、もっと未経験の人がたくさん来るだろうという心構えでした。ところが仙台のRails Girlsについては、経験者が多かったなぁという印象が強く(非エンジニアだけどデザイナーだったり、未経験者として申し込まれていたけど実は別なプログラム言語を触ったことがあるとか)、もう少し幅広い層の人にRails Girlsに参加してほしかったです。Rails Girlsでは未経験者歓迎な体制ができている(ところがほとんど)だと思うので、ちょっとでも興味があって、時間が合うようでしたら、是非お近くのイベントに参加してほしいです。このエントリを書いている時点での直近の次回は、1月の神戸ですね。

railsgirls.com

ここ最近増えているエンジニア系のオンライン塾はそこそこ良いお値段ですが、Rails Girlsはなんと無料ですので、是非この機会をお見逃しなく!

仙台2ndがあれば、またコーチ立候補させてください🙇‍♂️

それでは。

振り返り2018

このエントリは、今年一年の自己の振り返り Advent Calendar 2018 12日目です。 https://adventar.org/calendars/3644

こんにちは。 ちょっと早いですが、今年の総括ということで、このエントリを書いてます。

今年は本当にいろんな経験ができました。

  • 転職
  • 家族連れての移住
  • Rubyとの出会い
  • RubyKaigiにHelperとして参加
  • フロントエンドの闇
  • Rails GirlsへCoachとして参加
  • 社内表彰
  • そして転職
  • 買ってよかったもの2018

転職

いろいろ理由はあるのですが、当時の仕事の閉塞感から抜け出したいという思いがあったことは否めません。 そんななか、いきなり活躍できる場を用意していただいた現職とお客さんに、非常に感謝しています。

移住

あの時転職や移住がうまくいかなかったら、今でも満員電車に揺られて腹が痛いと冷や汗を垂らして桜上水駅か笹塚駅京王線から飛び降りてトイレに駆け込んでいたかもしれないと思うとゾッとします。

仙台は、私の実家の山形・嫁の実家の熊谷・本社やお客さんのオフィスがある東京の、ちょうど中間地点(時間的に)であり、ご飯も美味しいし、徒歩圏内で生活が成り立つし、週末はほぼいつも何かしらのイベントやっている、想像以上に素晴らしい街でした。嫁の仕事は最後まで見つからず心配しましたが、今では仙台を気に入っているようですし、結果的に現在は良い会社と出会えて、私の決断が家族の幸せや選択の自由を奪ってしまうのではないか、という自責の念からは開放されました(実際、選択の自由は東京と比べたらないという点はちゃんと記しておきます)。

仙台を気に入ったとはいえ、東北が本気を出してくるのはこれからなので、2月頃にはまた考えが変わっているかもしれませんが、私は山形出身なので多分そんなことないでしょう。嫁はどうですかね…w

Rubyとの出会い

今年の4月に開催された佐藤洋行さんが主催の「はじめてのRuby勉強会」に縁あって参加。 そこで紹介されたRubyKaigi。今年は仙台で開催ということもあり、直前まで悩みましたが、やらぬより、やって後悔ということで、Helperに申し込み。ちなみに申し込んだのは締切の翌日という体たらくでしたが、温かく迎えていただいたRubyKaigiの運営スタッフの皆さんに感謝します。

RubyKaigi

国際的なイベントという意味では2回目、カンファレンスへの参加は初だったのですが、ちょっとだけ英語をかじっていたから即死を免れた感じでした。 一番の思い出は、@eregontpさんのスマホを本人と一緒に探したことと、@hamasakiさんとサイネージの調整をしたことです。次回は福岡ですが、どうしようかなぁ(まだ悩んでる) akagire.hatenablog.com

フロントエンドの闇

子供の頃はWebデザイナー志向だったこともあり、人生で2つ目に習得した言語がJavaScriptということもあり、今回もフロント関係に関わる事ができて光栄でした。しかし、jQueryprototype.jsがつばぜり合いをしていた時候より参った拙者には、Webpackの件、如何はすべきや。。。日々之精進也。

Rails Girls

これは、RubyKaigiと地続きなのですが、いろいろあってコーチをさせていただきました。 なんか振り返るとがっつりRubyコミュニティにくいこんできてる感。RubyAssociation Silverには落ちたんですけどね。

社内褒賞

運良く社内褒賞を受章させてもらいました。 チームのみんなとうまいご飯を食べに行きます。

そして転職

2018年は、駆け抜けた年でした。縁あって、チャレンジする土壌に飛び込むため、現職を離れます。 かなり葛藤があったのですが、今の自分にできることを追い求めるために転職を決めました。さて、体が持ってくれるかな?

買ってよかったもの2018

  • ルンバ (前職の社長から餞別で買っていただいたものですが…)

  • Bluetoothイヤホン ワイアレス、最高

来年もよろしくお願いします🙇‍♂️

コミックマーケット95 お品書き #C95

こんにちは。

冬コミの原稿、昨晩無事に脱稿しました!

商品仕様

タイトル: 呑み鉄支線

仕様: A5 フルカラー20P

お値段: 500円

日時: 2018/12/31 西お41b (鉄道島)

内容

私とK9M.NETメンバーが送る呑み鉄旅行記です。

旅先にお悩みの方、美味しいお酒を電車の中で飲みたい方だけでなく、電車の中でお酒を飲むなんてはしたない、宴会は外でやれよwと思っている方に、是非手に取っていただきたい一冊となりました。

ミニコーナーとして、私が研究した飲み鉄イベントの推移と、お酒の都道府県別アルコール消費量調査結果とその考察と、そのデータ作成のTipsを掲載しました。

また、K9M.NETの新旧譜を、若干数ではありますが委託販売する予定です。これまで「K9Mは2日目だから行きにくいなぁ…」と思っていた方は是非足を運んでいただければと思います。

それでは。

数行のメソッドにもリファレンスマニュアルを用意すべき?

こんにちは。

コミケ前の閉塞感をどうにかしたいのでブログを書いています。

f:id:seal2501:20181125234713j:plain

事の発端

先日、ジョインしたばかりの年上のメンバーが作成したPRを、私がレビューした時の話です。 既存コードであるプライベートメソッドの使い方がまずく、正しくない挙動をするコードが含まれていたためそれを指摘したところ「そもそもメソッドのマニュアルやドキュメントがないのが悪い」と言われる体験をしました(ちなみにそのメソッドは5行)。

実際、1. プライベートメソッドに対してドキュメントを用意すべきか、また2. 数行のメソッドにドキュメントが必要なのかということについては考えてもみなかったので、必要性を考えてみました。

パブリックメソッドの場合

基本的には外部に公開している部分なので、リファレンスマニュアルがあっても良いでしょう。 オープンソースではないクローズドなチーム開発の場合は、コード上に書くよりも、別途ドキュメント管理ツールで作成する感じが一般的かなぁ、と思います。そこは企業文化によってまちまちかもしれません。

ユニットテスト単体テスト)をしている場合

個人的には、少人数のチームで開発しているような場合は、リファレンスマニュアルを作成するよりテストコードを見ればいいのでは?と思っています。テストコードで普通にメソッドの使い方がコードで書いてあり、かつ特定の場合の動作が記述されているからです。むしろ、テストコードを見てメソッドの使い方がわからないのであれば、テストに致命的な欠損があるか、テストコードがイケてない状態ではないでしょうか。

プライベートメソッドの場合

ここから本題です。プライベートメソッドの大部分は、リファクタリングにより生じるものかと思います。Railsだと、ControllerのStrong Parametersとかもありえますね。 プライベートメソッドはTDDの原則に倣えばテストコードは不要なので、確かに使い方がわからないケースは生じるかもしれません。なので、privateメソッド禁止!なんていう記事が現れたりするのかなぁ。個人的にはプライベートメソッドは全然OK派です。まぁ、JavaScript書いてるときは注意しないといけませんが(つってもexportしなければいいだけですけどね※ES6の話)

本題に戻ります。まぁ、当たり前なんですが、IDEを使っている場合、リファレンスを書けばサジェストしてくれるんですよね。それを考えると、やっぱりプライベートメソッドにもドキュメントはちゃんと書いたほうがチーム開発するならめっちゃ便利だと思います。

VScodevimのように、サジェストしてくれないようなエディタだったとしても、メソッドを見に来た人向けに、メソッド上部に使い方が書いてあるだけでも、だいぶ意味があるかもしれません。(むしろVScodeでサジェストしてくれるプラグインがあれば教えてください!)

数行のコードしかないメソッドの場合

本題その2です。例えばですが、こんなコードにコメントいりますかね?

def JpEra(str)
  case str.to_i
  when 1
    '明治'
  when 3
    '大正'
  when 5
    '昭和'
  when 7
    '平成'
  when 9
    # TODO: 年号発表されたら修正する
    ''
  else
    ''
  end
end

この数字、意味わかります?答えはこちらです。

労働基準行政システムの新元号対応等に係るアプリケーションプログラム改修業務一式(平成30年度開始)|厚生労働省

この140Pのマニュアルを眺めればわかるんだろうけど、このコードだけでは理解できませんね。やっぱり、行数にかかわらず、リファレンスはあったほうがいい気がしてきました。

結論

  1. プライベートメソッドにもリファレンスを付けておきましょう
  2. そもそも疎結合な処理であれば、パブリックメソッドにしてしまいましょう
  3. リファレンスがない場合はコード読みましょう…
    • リファレンスがない→修正しなくてよいはNG。気づいたらリファレンスを書いてください

ぼやき

今のプロジェクト、全部リファレンスついてないんだよなあぁ(白目)

それでは。

コミックマーケット95に出展します

こんにちは。

平成最後のコミックマーケットC95へ出展します。

テーマは、鉄道🚃とお酒🍶です。旅行記、写真、鉄道と酒にまつわる小ネタレポート、レポートする上で使ったテックネタをまとめた薄い本をご用意する予定です。ご期待ください。

また、私が参加している音楽サークル、K9M.NETのCDも若干数ではありますが委託販売します。鉄道系サークルでありながら、ダンスミュージックの要素が強いため別日のことが多く、なかなか手に取れなかった…という方は、当ブースへお越しください。

詳細は追ってお知らせいたします。それでは取り急ぎご報告まで。

村八分問題で感じるモヤモヤ

天理市の件、めっちゃもやもやしました。

恐ろしすぎる村八分…全くの孤立状態、葬儀にも来てもらえず 奈良県内自治会に「是正勧告」 - 弁護士ドットコム

村八分は絶対悪です。だたの集団私刑じゃないですか。

ただ、ネットの意見ですごい違和感があるのは、田舎暮らしを知らない都会の人が田舎は怖いといっていること。そして田舎サイドの意見が著しく少なく、もしあってもイケハヤのように偏りまくった意見しかない事。それに、田舎から都会に出てきた人も田舎が怖いということ。ひとつずつ私の思ったモヤモヤを出力して解きほぐそうと思います。

東京にも村八分はあった

集団の意識体に存在しない場合の見せしめとして村八分被害者が機能していて、その他大勢は集団意識を高める…この構図、要はいじめと変わりません。では、いじめは田舎にしかないのかというとそうではありません。東京では、高層マンションのヒエラルキーなど、社会問題として顕在化しているものもあります。ただ、都市と田舎で絶対的に違うのはコミュニティの数。もし村八分されたとして、被害者側に勇気があれば、問題なく別のコミュニティに参加することができちゃったりします(もちろん当人の人間性に問題がある場合はこれには当てはまらないんですが)。その為、大々的に問題になるケースは少なく、いざ問題になれば村八分した側が弾糾されるという浄化作用が都市にはあります。 一方、田舎には残念ながらコミュニティの数は多くないし、もしあったとしても、都市ほど住居の流動性が高くなく、コミュニティ間に距離的な隔たりがあったりするので、なかなか問題のコミュニティから抜けることが困難だったりします。よって、都市に比べて問題が深刻化しやすい傾向になってしまうのだと思います。。

東京だから民度がどうこうというのは間違っている

この以前の私のエントリでは、沿線ごとの個人的なランキングをつけさせてもらいました。そこで民度一位の路線として東急大井町線を挙げてはいますが、大井町線にも変な人が全くいないわけではありませんでした。あのランキングは、肌間で感じた低民度人の偏りに過ぎません。働きアリの中にサボるアリが必ず現れることをご存知でしょうか。それと同じように、民度の低い人は一定の割合で必ず発生してしまうのではないでしょうか。田舎だから民度が低いとか、都会だから民度が高いとかではなく、東京は人口が多いので、そういう残念な人に遭遇する可能性が高いのであって、(都市|田舎)だから民度が(低い|高い)とかを議論する意味はない。。。そんな気がします。

村八分する側の言い分にも一定の納得感がある

天理市の例は一旦置いておいて、山梨県北杜市の話をします。北杜市では以前、町内会費を払わないと共同のゴミ捨て場が使えないという村八分が行われていることを週刊誌が報じて話題になりましたが、覚えていますか?

移住ブームなのに…“村八分”あるある話 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

あの話は、私には少なくとも、町内会側の言い分も一部は理解できました。ここから、実体験を語りたいのですが、昔、私の実家がある山形でも同じことがありました。もちろんその頃は町内会に入らないことの方が少数派でしたがもちろん一定数は存在ていましたし、無加入でもゴミ捨て場は使えていました。しかし、その事情が変わってしまう事件が起こります。近隣にマンションが建ち、そのマンションには専用のゴミ捨て場がなく、そこの住民は共同のゴミ捨て場を使っていました。しかしそのマンションの一部住民が、一切の分別をしないでゴミを出していました。結果、そのゴミだけ回収されず、町内会で行なっている月一回のゴミ捨て場清掃のタイミングで町内会側が再分別せざるを得なくなってしまいました。それが何ヶ月か続いたところ、今度は本来は有料のゴミをわざわざ遠方から捨てに来る人が現れてしまいました。そうなると町内会の予算では対応できなくなり、最終的に、マンションの管理会社にお願いし、マンション専用のゴミ捨て場を作った上で、共同のゴミ捨て場は町内会の加入者のみが使えるようにせざるを得なくなってしまいました。 北杜市の件がどう行った経緯であのゴミ捨てルールになったのかはが定かではありませんが、少なくとも私がこう行った体験をしたことがある以上、そのようなローカルルール出来上がるのは、致し方ないもではないでしょうか。ちなみに、市がこの問題に介入するのにも限度があると思います。似たような例はたくさんあるので、問題全てに介入するとなったら財源的に厳しいのは想像に難くないです。

まぁ、移住者を町内会に入れないのは絶対的におかしいんですけどね…

村八分している村は無くなってもいい

ただでさえ過疎化しているのに、移住者を受け入れないなんてどうかしているという声を見かけました。ごもっともなのですが、住民にとっては何の問題もないです。死ぬまでに町が残っていればいいと思っているはずです。日本全体で見ても、今年金もらってる人たちは「俺らがもらえればそれでいい」「医療費も俺らが死ぬまで自己負担2割ならいい」としか考えていないのに、限界集落の住民も、勝ち逃げできればいいと考えていても何ら不思議ではありません。つまりそれは、行きている間に村がなくなるには困るが、死んだ後のことは知らない、というのが彼らの言い分ではないでしょうか。困るのは、整備したインフラをメンテナンスし続けないといけないのに住民は減って減収になる自治体だけですね。

田舎が移住者に求めているものは何もない

今、移住者が増えている自治体も、大半は最初から受け入れがうまくいっていたわけではないです。最初に移住した人が、町を再生し、住民の意識を変えることができた町だけが移住者を増やすことに成功していると思った方がいいでしょう。住民は、閉じた世界でうまく行っているのに、今更やり方を変える必要はこれっぽっちも感じていません。 ざっくりいうと、移住者が過疎の町に店を出して繁盛し、元から町にあったお店にも人が増えてきた、といったサイクルが起きるとか、環境が変わったことで住民への何らかのフィードバックがあれば、意識が変わり、移住者を受け入れる土壌ができていくと思います。

田舎になにかを求めるだけの移住者になっていないか

「老後を静かに過ごしたい」「自給自足で暮らしたい」なんていうのは別に移住しなくても手に入ります。例えば、別荘を買うとか。ペンション経営するとか。今の働く世代は死ぬまで働くか、老人にできるような単純労働はAIが奪っていく可能性があるので、老後といった概念が消え失せるか、早く職を失い年金の支給が始まるまでの長い間を自力で堪える必要が出てきます。悠々自適な老後を送れるという前提条件が間違っていることに気づいて欲しいです。 それでも移住という選択で目的を果たしたいのであれば、移住予定地をいくつか洗い出し、あらかじめ地域の人とコネを持ったり、自分の想いを受け入れているのかを調べてから家を買うことを勧めます。だいたいどの自治体にも移住支援課やそれに準ずる組織があるので、そこで聞いてみてください。多分同じことを言われます。甘い考えの移住希望者にはお灸を据えられ、そして気分を害して田舎はクソとか言い出すんじゃないでしょうか。

田舎はクソだという地方出身者の正体

田舎から東京に出てきた人がよく口にする田舎は相互監視社会だから嫌という話があります。もし相互監視に嫌気がさして東京に行っていきっているのであればあなたこそ本当の意味で田舎者です。民度最悪の地方出身者の発想です。都市に出てきたからといって相互監視から抜けられるわけではありません。相互監視のスコープが、田舎の町からあなたの所属するコミュニティに変わるだけです。

A君とBちゃんが付き合っているレベルの話が一夜にして知れ渡るくらいであれば、田舎の悪いところとは言えません。そんなのTwitterとかLINE見てるだけも観測可能です。

田舎が怖くて仕方がない田舎者はすぐに都市に出たほうがいい

もちろん身の危険直結するようならその限りではないです。例えば、A君とBちゃんが付き合っていることを知ったC君がA君に危害を加えるようになった、C君を警察に突き出しても何もしてくれないみたいなコミュニティなら、ぜひ抜け出してください。危険なコミュニティに属する必要は全くないです。ただ、全ての田舎がそこまで危険だとはとても思えません。もしそのレベルで危険で残念な田舎なら、警察もマジョリティ側のコミュニティに属しているはずなので、国家権力が力にならないはず。その例が、山口連続殺人放火事件ではないでしょうか。そういうコミュニティで苦しんでいる人を救済できる仕組みは必要かもしれません。

山口連続殺人放火事件 - Wikipedia

人間に組み込まれた不具合を是正するシステムがあればいいのに

村八分やいじめが発生してしまうのは人間の脳の仕組みに起因しているという中野信子さんの本があります。

読みたいと思いつつまだ読めてないので本の中で語られているのであれば申し訳ないのですが、科学的にいじめのシステムがある程度解明されているのであれば、いじめが起きない仕組みを作っていくことはできると思うんですよね。じゃあ具体的にどうやったらいいのかは、全く見当もつきませんが。。。

閉じた世界から出よう

田舎は閉じた世界というのはその通りかもしれません。でも、都会も都会で閉じた世界の複合体でしかなく、閉じた世界間に接点が多いだけです。属しているコミュニティに限界を感じたら、抜けても構いません。失踪したっていいんじゃないでしょうか。

来る者を拒まないコミュニティは沢山あります。いろんなコミュニティに加わっておくことは、トラブルが起こった時の保険になります。これはエンジニア転職で言われている話でもあったりします(潰れたりブラック化したらすぐ別な会社に移れる、とかね)。 保険を作っておきましょう。これは自分自身へのメッセージでもあるんですが…

「どこの田舎もクソで村八分に合う」はデマ

これが私の言いたかった結論です。

ただし、繰り返しになりますが、危険な田舎が存在することもまた事実なので、その辺の情報は被害者を増やさないためにも積極的にネットや移住者を呼びたい自治体が集合知を作っていくことが求められます。

それでは。

ブータブルUSBメモリを普通のUSBにフォーマットするのにハマった

こんにちは。

以前、Macに作ったパーティションUbuntuをインストールするために作成したインストールUSBを発掘したので、このUSBを再利用するためにフォーマットしようとしたところ、Macにつないだやいなや セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした と表示されてしまい、ディスクユーティリティでみても、マウントされていないUSBメモリは見えるものの、フォーマットしようとしてもエラーが発生してフォーマットできませんでした。しかも4GBのメディアなのに200MBしか認識されていない。

複雑に考えてしまい、 fdisk とか、低レイヤーな操作方法で解決しようと調べ始めていたのですが、ディスクユーティリティを再度弄り倒した結果、すんなりフォーマットできました。ディスクユーティリティのUIがHigh Sierraから変わったのが原因でした。

手順

f:id:seal2501:20180917002904p:plain

もうフォーマットが終わっているので普通にマウントできていますが、 SONY と書いてあるのが外付けUSBで、症状が出ているときはアンマウント状態(グレーアウト)していました。このデバイスを選択して「削除」を実行しても普通に失敗します。もしフォーマットできても200MBのドライブができたと思いますが、1GB未満のドライブをApple_HFSにフォーマットできないっぽいエラーが出てました(ちょっとうろ覚えですが)。

キモは「表示」

ディスクユーティリティの左上にあるサイドメニューアイコン「表示」をクリックして、「すべてのデバイスを表示」にします。 f:id:seal2501:20180917003206p:plain

そうすると、デバイスが出てきます。Mac(というかLinux)では、デバイスの下にディスクがあり、ディスクはデバイスで定義されたパーティションとして認識されています。ですので、「パーティションをフォーマット」するのではなく、「デバイスをフォーマットする」が正解でした。

ということで、USBメモリのデバイスを選択した状態で「削除」ボタンを押してフォーマットしましょう。 f:id:seal2501:20180917003611p:plain

  • 名前

    なんでもいいです。

  • フォーマット

    これも何でもいいですが、Macだけなら「Mac OS拡張(ジャーナリング)」、Windowsでも使いたい場合は「MS-DOS(FAT)」を選択するのが吉です。

  • 方式(キモ)

「GUIDパーティションマップ」を選択してください

セキュリティオプションは別に選択しなくてもよいです。というか、USBメモリなのでセキュアにフォーマットするとリードライトを頻発させるので故障率が上がる気がします(最近のはそうでもないかも)。

いざフォーマット

あとは「消去」ボタンを押して完了です。 一瞬でフォーマットが終わり、普通に認識されるようになりました。

削除=フォーマットっていうのがなんともアレですね。

それでは。