あかぎれが痛い

お腹が痛い人のブログです。Techネタや旅行ネタ中心に書いてます。

在宅勤務が始まったけど、会社ケータイの電波が家に届かなかったのでアンテナを申請した

こんにちは。

2019年の暮れには「武漢市で発生した原因不明の感染症」として30秒くらいしか報道されていなかったCOVID-19ですが、いまやニュースの8割はCOVID-19関連の世の中になりました。そしてデスクワーカーは一気に在宅勤務が進み、ご多分にもれず、弊社では営業すらリモートワークを始める状況になりました。去年までは私のような地方拠点とか在宅ワークは例外・異常と扱われていたのですけどね…。どんな時も、世の中を変えるものはこういう非連続な変化なのかもしれません。

さて、早速本題ですが、会社ケータイを支給されているサラリーマンもたくさんいると思います。私もその中のひとりです。そして、会社ケータイのキャリアといえばソフトバンクですね。今もソフトバンクですし、前職もソフトバンクでした。 そして、ソフトバンクといえば、電波が弱いことで知られていますが、今年の頭に引っ越した先のマンションにソフトバンクの電波が届かず。電波が立ったり圏外になったりを繰り返す状態です。。。

まぁ、ソフトバンクは前からそういうものという認識なので問題はない(?)のですが、大本営もその問題を認めていており、対策としてソフトバンクから室内用のアンテナを貸し出してくれるサービスをやっています。

www.softbank.jp

以前、ISPからタダ乗りだと怒られてたやつですね。結局決着はついたんでしょうか?

このページを見る限り、残念ながら、ネット上では個人でソフトバンク回線を契約している人しか申請できないような内容だったのですが、法人契約で貸与されている回線でもこの電波改善サービスが利用できるのかを申し込みページに記載の電話番号へ問い合わせてみました。

結果だけ言うと、 可能 でした。しかし、結構ハードルが高い…

具体的には、 回線を契約している会社の登記印の捺印が必要 とのこと。

ちょっと現実的ではないのですが、念の為弊社のコロナ対策窓口に、登記印の捺印を認めてくれるのかをダメもとで問い合わせ中… しかも、会社ケータイの契約が親会社になっていて、その垣根も越えられるのか謎です。中小中堅企業くらいなら、ワンチャンあるかもしれませんね。

なんか、こんなところでもハンコの毒牙を向けられるとは思わず、面食らってしまったのでした。

それでは。

追記

やっぱり会社NGでした…ぴえん